育毛の二本柱

育毛剤、使ってますか??
近年では育毛剤にも進化があったのか、ひところ前のような本当に効果があるかのわからないような怪しいものよりも、正式に発毛効果が認められているものが出回っていることで助かっている方は多いのではないでしょうか。
現代の薄毛治療薬の主流と言える、ふたつの代表的な成分をおさらいしてみましょう。

まずはフィナステリドです。
成分の名前よりも、商品名のプロペシアと言う錠剤の名前のほうが圧倒的に有名ですね。
メルク社の開発したプロペシアは、男性ホルモンが薄毛を進行させるジヒドロテストステロン化するのを抑制する効果があります。
髪の毛が太くなってコシが出た、ボリュームアップしたと言う報告もあるようですが、どちらかと言えば積極的に生やすというより、髪が痩せて細くなったり抜け落ちるのをくい止める効果があるのです。
薄毛治療の薬は、継続することで徐々に効果が実感できるようになるのですが、プロペシアはその薬価の高さで継続が難しい方が多くいるのが現状です。
専用のクリニックなどでは簡単に処方してもうらことが可能ですが、安価である点、プライバシーの点などから、個人輸入などで入手可能なジェネリック薬のエフペシア、プロスカー、フィンカー、フィンペシアなどが人気です。もちろんどれもフィナステリドを有効成分にする錠剤です。

続いてはミノキシジルです、日本では大正製薬のリアップの成分として有名ですね。同様の海外製品ではさらに成分量の多いロゲインなどがあります。
もともと血圧を下げる薬として開発されましたが、服用した患者に多毛症の副作用が見られることから発毛効果が期待され、ミノキシジルから育毛剤が開発されることになりました。
こちらは積極的に生やす成分と言えるでしょう。
発毛させたい部分に塗布するタイプのものよりも、錠剤のタイプのものが発毛効果が強いのですが、副作用である心臓の動悸やむくみなども強いので注意が必要です。
錠剤のもの、いわゆるミノキシジルタブレットはその効果と副作用の強さから最後の手段などとよく言われますが、日本では認可されておらず個人輸入などで購入される方が多いようです。

プロペシアジェネリックの通販はコチラ

カテゴリー